HOME > リフォーム知識 > ユニットバスと在来工法の利点を合わせたお風呂とは?

ユニットバスと在来工法の利点を合わせたお風呂とは?

どんな工法でお風呂を作る?

お風呂をリフォームしようと思ったときに、まずユニットバスにするか在来工法にするか という選択肢があります。今回はその2つの

工法の利点を合わせたお風呂を紹介したいと思います。その前にユニットバスとは何か?在来工法とは何か?について

まとめます。

 
 
 

②配管方法について

配管の方法には分岐工法とさや管ヘッダー工法とがあります。

分岐工法・・従来の配管方式です。
分岐.jpg

 さや管ヘッダー工法・・近年のマンションで採用されている配管工法です。

さや管.jpg

さや管ヘッダー工法は給湯器から水栓まで1対1で配管がつながっています。ですから接合部がヘッダー部と水栓部のみで、点検・管理が容易になります。又分岐が無いので水栓を同時に使用した場合、水量変化が分岐工法より少なく、安定した給水湯量が得られます。

配管は樹脂製のさや管の中に本来の給水を通す2重構造になっているので結露が起きにくく、給湯配管では保温効果が期待出来ます。
HED.jpg
 
 
 

③給湯給水ヘッダーの位置を点検しやすい位置に

給湯・給水ヘッダーの位置点検しやすい場所に設置する事は重要です。例えば 分電盤  ・ 電話、LAN配線などを集約した情報盤などにまとめて収納を作り集中管理を行えば今後のメンテナンスが容易になり、住宅の長寿化を図る事が出来ます。

 

kanrishunou.jpg 

 
 
 
 
このページのトップに戻る