LIFA恵比寿たより

【2011年1月号】

 

拝啓 

 皆様、本年もよろしくお願いいたします。

寒さが厳しく、プレハブの弊社2階事務所は、「これでも室内?」という状態で社員一同
頑張っております。皆様は、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

 私の今年の目標は「幹を鍛える」です。
 先ず自分については、「体幹を鍛える」。昨年、公私でお世話になっているお客様が、
筋トレとジョギングで信じられない位に肉体改造をなさりました。
話しを伺い、年々立派になっていくお腹(笑)が気になっていたのと、持病の腰痛の原因が
腰廻りの筋肉不足ではないかと思っていので、身体を内部から鍛えることにします。
 次に弊社の宝(・・・になってほしい)社員には、遠慮無しにとことん鍛えます。
各自のスキルUPもありますが、何よりも「物事の考え方」に重点を置きます。
仕事は、お客様、社員、協力会社の方々、現場のご近隣の方々と多くの人々が関わります。
全ての人々にとって「最適」であるようにするためには、どの様にしてゆけば良いのか?
水が低い処に流れるように、人は自分をかばう為に、あれこれと言い訳をして安易な方へ、
流されがちです。「できない」のではなく、「できるようにする為にどのようにするのか」
という考え方に基づいて、重箱の隅を突くように指導(イジメ?・・・笑)し、
会社の大きな幹になってもらいたいです。

 来月は弊社にとってビッグニュースがございます。こうご期待!!
                                      敬具

今月の論語
               吾未見剛者                                 
                  われ いまだ ごうしゃ  み 
          ・・・吾 未だ 剛者を 見ず
     「剛」とは、物欲に屈しない強く且つ柔軟な心。そのもとは無欲・・・。

   省みると、自分は強いようで弱く、柔軟なようで頑固・・・。
   確かに欲に負けているからかもしれません。でも無欲で生きていけるのだろうか・

                                                              代表取締役 河本 克浩

 

 

2011年1月号のLIFAたより「Re:LIFE」を電子ブックで見る

 
※閲覧にはAdobeFlashPlayer最新版がインストールされている必要があります。 ※閲覧にはAdobeFlashPlayer最新版がインストールされている必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

line

このページのトップに戻る